赤外線学習リモコンを作ってみる


目標

テレビ等の家電で使用しているリモコンから送信される赤外線のデータを記憶し、 記憶したデータをそのまま送信することで、実際に家電を動かしてみようと思います。

赤外線受信のための部品

秋月電子通商 で売っている PL-IRM0101-3 を使ってみます。


38KHzの搬送波を復調した信号を出力してくれます。
赤外線受光時に Lo が出力され、通常は Hi が出力されます。

デバッグ用基板への仮接続

Webでいろいろ検索してみてわかったことですが、この PL-IRM0101-3 は 何も考えずに電源をつなぐと、けっこうノイズの影響を受けてしまい、 まともに受信できないようです。そこでデータシートにしたがって回路を 作ることにします。私自身はまだこのような電子回路のことについて不勉強のため 自信が無いのでとりあえずブレッドボードを使って仮接続した状態で 信号を受信できることを確認できてから基板上に実装することにします。

ブレッドボード上へ実装してみたところ


回路図

動作確認

我が家のテレビのリモコンを使ってテストしてみます。


なにやら受信できました。
我が家のテレビの電源ONは「022080003DBD」のようです。

基板への実装

受信モジュールの回路が正常に動作したので基板へ実装します。
ついでに送信用LEDの回路も実装することにします。

完成した学習リモコンの基板

学習リモコンの回路図


送信側はまだ開発中です。

・参考にしたWebサイト

e電子工房
http://einst.hp.infoseek.co.jp/Remocon2/Remocon2.html


<<戻る