クロスコンパイル環境を用意する


とりあえず、Cygwin + GNUツールチェイン の環境でやってみることにした。

Cygwin

http://cygwin.com/ から setup.exe を取得してインストール。
デフォルトだと gcc や make がインストールされないようなので、
DevelカテゴリをInstallにしてインストールする。

GNUツールチェイン

まず、以下のソースを取得して、/usr/local/src あたりへ置く。

gcc-3.3.2.tar.gz
binutils-2.14.tar.gz
newlib-1.11.0.tar.gz

<取得元>

ftp://ftp.gnu.org/gnu/binutils/
ftp://ftp.gnu.org/gnu/gcc/
ftp://sources.redhat.com/pub/newlib/

以下の手順でビルドする。
binutilsの構築
$ tar zxvf binutils-2.14.tar.gz
$ cd binutils-2.14
$ mkdir build
$ cd build
$ ../configure --target=h8300-hms --prefix=/usr/local/h8
$ make
$ make install
$ cd ../..

gccの構築
$ tar zxvf gcc-3.3.2.tar.gz
$ tar zxvf newlib-1.11.0.tar.gz ← gcc のコンパイル時に必要なので先に展開
$ cd gcc-3.3.2
$ mkdir build
$ cd build
$ ../configure --target=h8300-hms --prefix=/usr/local/h8
--enable-languages=c --with-newlib
--with-headers=../../newlib-1.11.0/newlib/libc/include
$ make
$ make install
$ cd ../..

newlibの構築
$ cd newlib-1.11.0
$ mkdir build
$ cd build
$ ../configure --target=h8300-hms --prefix=/usr/local/h8
$ make
$ make install

.bashrc に以下の1行を追加し、各ツールへのパスを通す。

export PATH=/usr/local/h8/bin:$PATH

これでクロスコンパイル環境ができた。

・参考にしたWebサイト

福井高専 電子情報科 助教授『斉藤 徹』さんのサイト
http://maisy.ei.fukui-nct.ac.jp/~t-saitoh/exp/h8/cygwin-cross/build.html


<<戻る